リンパマッサージで浮腫みが解消できるワケ

立ち仕事の多い人や、デスクワークで座りっぱなしの人は、脚が浮腫みやすくなります。
浮腫みというのは、血液中の体液が血管の外ににじみ出て、皮下組織に水分が過剰に溜まってしまっている状態のことです。病気が原因で浮腫むこともありますが、デスクワークや立ちっぱなしでの脚の浮腫みは、体液の循環が悪くなっていることが原因です。

 

血液は心臓というポンプによって、体中を張り巡らされた血管の中をどんどん流れていきます。これに対して、リンパ液はポンプのようなものがなく、どんどん流れていくというわけにはいきません。このリンパを流すのは、筋肉を動かしたり、呼吸をしたりといったことでしか流れていきません。そのために、デスクワーク、立ちっぱなしの仕事をしていて体を動かすことの少ない人は、浮腫みを起こしやすくなってしまうのです。

 

流れが滞ってしまったリンパ液は、皮膚のすぐ下に存在しています。このリンパ液を皮膚の上から直接マッサージすることで、リンパの流れを改善していくことができます。強く押したりこすったりすることなく、やさしい圧をかけたマッサージで浮腫みが改善されるだけでなく、続けることで浮腫みにくくなっていきます。痛いくらい圧迫したり、こすったりするのは、リンパマッサージとはいえません。ポンプの働きの代わりに、リンパマッサージでリンパを流しましょう。