リンパマッサージで脚の浮腫みを解消する方法

仕事終わりには、脚がパンパンでブーツが入らない!パンプスがきつい!なんてことはありませんか。
デスクワークで一日中座りっぱなしだったり、接客業で立ちっぱなしだったりすると、脚の筋肉の動きが不足してしまい、脚が浮腫んでしまいます。浮腫んだ脚は、見た目がよくないばかりでなく、歩き心地までよくありませんね。

 

仕事柄、なかなかトイレに行けない場合にも、排泄機能が低下してしまうことがあります。この場合の浮腫みにも、リンパマッサージは効果があります。

 

1.まず、鎖骨下のリンパ液の最終的に行き着く部位を、親指の腹で優しく揉み解すようにマッサージします。この部位のリンパの動きが滞っていたのでは、リンパ液は流れていきません。
2.脚をマッサージする場合は、ヒザ裏のリンパ節を指の腹でやさしく押してほぐします。
3.ヒザからヒザ裏に向かって、優しくマッサージします。
4.足首からふくらはぎを、下から上に向かって優しくさすります。
 手のひら全体を使い、優しい圧をかけて皮膚の上をさするという感じです。

 

このリンパマッサージは、病気による浮腫みには効果がありませんが、体液の循環か悪くて起こる浮腫み、トイレになかなか行けずに起こる排泄機能低下による浮腫みにも効果があるので、セルライト予防のためにも日常的に行いたいマッサージですね。