日本食と世界の料理 神楽坂の和食飲食するなら本物の味?


日本は世界中の料理を食べられるとされています。
しかし、それは日本人好みの味覚です。
例えば、日本でおなじみのカレーライスは、カレーの本場のインドの味とは異質ですし、香辛料を強烈に利かした料理にしても、日本人の舌に合うようにアレンジしています。
ですから、現地の味とは少し変わっていますが、それでも○○料理という種類はとても豊富です。
この背景には、食文化の発展もありますが、外国人が日本で商売を行おうというときには、自国の料理で生計を立てやすいからだとされています。
その代表が中華街です。
現地の方がコックとなって作っている味は、日本人好みにアレンジはしているものの、本場の味に近いものです。
日本人が訪れて、美味しいと思える中国料理の飲食は、このような場所に限ります。
その他、その国独自のスパイス等を利かした○○料理と言うのは現地の方に敵いません。
また、日本人が外国で料理屋をやったとしても同じことです。http://www.kagurazaka-washoku.com/

 

外国の日本料理店などは、怪しげないメニューで、日本食を名乗っていることが多いですが、そこに日本人がほんとうの日本食の飲食店を出したとしたら、大受けでしょう。
現地の方も多くいらっしゃいますが、現地に駐在している日本人が日本食が恋しくなって飲食しに来るとか。
確かに、その国ならではほんとうの飲食店をしたいときには、そういった店に行かなければ味わえない味覚も多いことでしょう。
外国に住む日本人の駐在員は、日本食の飲食ができることで、落ち着くと言われる所以です。