目の前の客がすべての客


生き残りをかけて様々に展開していく、戦国美容室経営戦略。
1対1のお客様にどこまで向き合っていけるか、一人のお客様をどこまで大切にできるか、人間同士の繋がりは機械的なものでは決して生まれないということが、これからの時代には大きく作用していくでしょう。

 

ある調査会社が行ったアンケートによる結果で、ずっと通っていた美容院へ行かなくなった理由、という項目があります。それによると最も多かった答えは、スタイリングが思い通りに行かない、というものでした。
技術やセンスはあって当然ですが、そこにはやはりお客様の求めるものを理解する能力がどこまで的確か、という一種のコミュニケーション能力が欠けていたのではないか、と思われます。

 

次いで担当者がいなくなった。引越しした、など仕方ない理由がありますが、その他の意見を見ていて少数ながらに、重要だと思った意見がいくつかあります。
来店客の受付や電話の応対、他の客との掛け持ちで長時間ほうって置かれた、話題が合わない、愛想が悪い、まるで迎えられた感がない…。

 

満足度の高い美容室はコチラ>>http://xn--frms-zf5f862egeap53u1hq3o5e.com/

 

お客様一人ひとりをどこまで大切にしているかと言えば、義務的に仕事をこなしているだけ。自分に関心を示していない事をお客様が感じてしまった時点で即アウト!!
お客様が何を求めて来店するのか、それをいち早く察知し本気になって向き合えば、改善することはそんなに難しくない事だと思います。確実にお客様獲得に左右していく要素ですね。

 

赤ちゃんの美容室 - 妊娠 解決済 | 教えて!goo